お金がない時に初めてでも安心して利用できるカードローン!

 

お金がない時に初めてでも安心して利用できるカードローン!

 

お金がない場合にすぐにでもまとまった現金が必要な時があるでしょう。公共料金の支払が間に合わず早急に支払いをしなければならない、収入が滞り生活費を工面することが出来なくなった、学費等の支払い期日が迫っている時など、人により事情は様々です。家族や知人に頼るあてがない、お金を借りるのは気が引けるなど、現金を用意出来ない場合、カードローンの利用が求められます。

 

しかし、お金がないからと言って安易な気持ちで貸金業者から借金をつくるのは芳しくありません!

 

お金を借りるときに注意しておくべき点があります。まず、借りる前にあらかじめ返済シュミレーションを立てておきましょう。キャッシング即日融資を利用してお金を借りるときには月々の返済額を計算します。元本をいくらずつ返すのか、利息はいくら発生するのかを計算した上で、完済するための返済総額を把握しておきましょう。借りたお金のみ返せばいいというものではありません。

 

借りたお金の毎月の返済額に対して発生する利息を支払わければならないのです!

 

借りる前、利息を含めた返済総額を把握しておくことで、お金の借りすぎを防ぐことが出来ます。無理のない返済計画をたてる事ができるのです。そして、完済を終えるまで、お金がない場合でも他の業者からカードローンを利用してお金を借りることは避けましょう。多重債務による返済トラブルが続出しているため、お金を借りる時は注意しましょう。

 

 

借金一本化のメリット

 

借金一本化とは複数の借金を1カ所にまとめることを言います。

 

主に銀行系のおまとめローンを利用するのことが多いです。例えば3カ所の金融会社から50万、30万、20万円の融資を受けていると月々の返済は3社分になります。月に3度の返済日、つらいですよね。借金一本化はそういった人を助けることを目的としたローンです。

 

例えばこの場合だと3社の借金の合計100万円を銀行で借り入れ、返済をしてしまいます。その後銀行にその100万円を返済していくと言うシステムです。金利の面は注意が必要ですが、基本的に消費者金融や信販会社より銀行系の方が金利は安く設定されています。

 

借金をまとめる時のメリットは月々の返済を1回にまとめられると言うことです。月に何度も返済日が来ると負担が大きくなりますが、1回にまとめることでスムーズに返済が行えます。一般の融資と同じように審査はありますが、月々の返済を滞らせていたり遅れていたりというトラブルが無ければ審査もスムーズに行えます。

 

借金一本化を利用する場合は、まず現在の総返済額と一本化した後の返済額を比較してみましょう。

 

 

 

借金一本化のデメリットは?

 

最近ではよくおまとめローンという言葉を耳にします。これは、色々なところからお金を借りて多重債務となってしまった場合に、借金を一本化して金利を減らしていくというシステムです。

 

借金を一本化して返済の負担を軽くしたいというような時に利用するものなのですが、実はメリットばかりではなくメリットがある反面デメリットも存在するんです。では借金一本化のデメリットとは一体なんでしょうか?消費者金融からお金を借りている場合、一般的に銀行から借りるよりも金利は高いかと思います。

 

そのいくつかの借金を銀行のおまとめローンにすることによって金利は安くなると思われがちですが、実はそれほど金利が安くはならない可能性があるとも言われています。銀行側に貸倒れというリスクが高いと判断されてしまった場合、金利は高くなるのが一般的なんだそうです。

 

多重債務者であるということはこのリスクも高いと判断されてしまいがちですので、状況によっては金利はあまり安くなりません。それから、保証人や不動産担保が必要となりますので、他人を巻き込まなくてはならないところも大きなデメリットではないでしょうか?

 

借金一本化を考えている時は、まず専門家に相談をされるのが一番良いそうですよ。

更新履歴