お金を借りることができる年齢

昨今の消費者金融や銀行のカードローンなどは、審査が比較的緩やかになっています。だから、少ない給与の人やパート・アルバイト勤務の人、専業主婦でも、難なくお金を借りることができますし、オンライン上のやり取りだけであっという間にお金が振り込まれるなど、審査自体に時間や手間がかかりません。

 

とはいえ、年齢だけは未だしっかりとした区分があります。基本的に、十八歳未満の者は、たとえ働きに出ていて自分の稼ぎがあったとしても、お金を借りることはできなくなっています。学生であればなおさらです。しかし、学生には学生向けの学生ローンというものが用意されていて、親の承認を得て学費を学生ローンで賄っているという大学生も少なくないようです。

 

また反対に、十八歳を超えていても、働き始めたばかりだったりすると、社会的な信用度はどうしても低くなってしまいますから、審査に通りにくく、お金を借りることが難しいということがあるようです。実際に、多くの消費者金融が、対象年齢を二十歳以上に設定していることからも、十八歳から二十歳の人がお金を借りるのが難しいという現状がわかります。